工法

MG工法

ミヤザワホームズでは、お客様とお家の安全を常に考え、いつ起こるかわからない地震やお家をより長持ちするよう、MG工法(耐震+制震工法)を採用しております。

MG(ミヤザワジーバ)工法とは、ミヤザワホームズのオリジナル商品です。最先端の技術、制震を組み合わせた弊社独自のシステムは、地震のエネルギーを熱に変えて抑えることが可能です。
このMG工法に使用されている制震ダンパーGVA(ジーバ)は、ダイヤモンド型のフレームに、VEMというアクリル樹脂の制震材を組み入れることで、地震の揺れを約70%も軽減することができます。
この制震ダンパーGVAは一棟一棟、綿密な構造計算を行い建物に最適なバランスで設置し、システム全体でエネルギー吸収効果を建物に付加します。

  • 揺れを最大70%軽減
  • 繰り返しの地震に効果を発揮
  • 建物の耐久性や寿命を高めます

確実に地震エネルギーを吸収できるシステム

  • 大型ダイヤモンドユニット

    大型ダイヤモンドユニット

    長年にわたる研究と複数のモデルによる実験解析の結果、建物全体に効率よく制震効果を伝達できるダイヤモンド型ユニットを採用。テコの原理を応用して、揺れをすばやく止めることが可能になります。

  • エネルギー吸収体内蔵デバイス

    エネルギー吸収体内蔵デバイス

    複層に組み込まれた振動吸収体が弾力的に水平スライドすることで、地震エネルギーを、熱エネルギーに変換していきます。大地震クラスの揺れを吸収する場合、約10℃の熱を放出し、揺れにブレーキをかけ、建物全体をまもります。

  • 性能を決める最適な配置

    制震装置の性能を最大限に活かしていくためには、設置する数量・配置などシステム全体が最適でなくてはなりません。だいたい、床面積10~15㎡に1フレームの割合を念頭に、その家に合ったポイントに設置することで、本来の制震性能が発揮されます。

  • 信頼できる実績

    制震材VEMはその性能の高さから、東京都庁、横浜ランドマークタワー、代ゼミタワーオベリスク、ホテル京阪ユニバーサルシティー、エコパスタジアム等、多くの建造物に採用されています。

テクノストラクチャー

ミヤザワホームズでは、パナソニックとパートナーシップを組み、パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャーを採用し、皆様により安全な、後悔のない家【強い家】をご提供いたします。

テクノストラクチャーの特徴

    テクノストラクチャーは、「鉄」と「木」を組み合わせた梁を使い、地震などの災害に対する強度を確保し
    た家づくりを実現するハイブリッドな工法です。木の温もりや、しなやかさを残しつつ、鉄の強度を得られ
    る、まさにおいしいところ取りの木造住宅を建てることができます。

スーパーウォール

高気密、高断熱、高耐震構造を可能にした独自の高性能パネル。冷暖房や計画換気システムを組み込んで、部屋ごとの不快な温度差や、空気のよどみなどを解消し、住まいの基本性能を大きく向上します。

スーパーウォール

    断熱、気密パッキンと発砲ポリウレタンを組み合わせたスーパーウォールは、高い断熱性を持ち、夏は涼し
    く、冬は暖かい。そんな理想の環境を実現します。また、冷暖房機の使用頻度も少なくなるため、節電の
    効果も得られます。

CONTENTS サービス情報

  • ミヤホの広場 facebook
  • 安心ホームサービス
  • GVA
  • パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャー
  • 家族でワクワク、家つくろう!SUPER WALL STYLE
  • 採用情報
資料請求・お問合わせ 会員様登録
pagetop